「北海道の鉄道の日」記念 誕生祝 記念フォーラム&記念パーティ

 

ご案内

 
雪の知らせを聞く季節になりました、皆様には、益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。

明治13年、北海道に初めて鉄道が開通してから、今年で135年になります。さる4月18日、道内各地で鉄道に思いを寄せて活動している団体の代表が、小樽の駅長室 隣接の裕次郎展示室に集まり、昨年来の懸案であった、「日本の近代化と、北の大地の開発に大きく貢献した、北海道の鉄道の歴史と功績を、大切な近代化歴史遺産として後世に伝えるため、人々が毎年思い起こす記念の日の創設」について協議し、「道民が共有し、全国に発信しうる記念の日」として、「弁慶号」が牽引した列車が、手宮から札幌まで開通した「11月28日」を「北海道の鉄道の日」と制定することを満場一致で決定しました。

6月20日、小樽手宮の、小樽市総合博物館において、記念日のキャンペーンイベントを皮切りに、各地でのイベントにも協賛してきました。これらの活動を踏まえ、北海道の鉄道開通135年目の誕生の日に、皆様と熱い思いを共有し、明日への夢を語り合おうではありませんか。

 

※ ご出席希望される方は下記お問い合わせ先までご連絡下さい。

「北海道の鉄道の日」制定記念の会
日時 2015年11月27日(金)午後6時〜午後10時
会場 HOTEL CLUBBY SAPPORO
GEST HOUSE BALLY
住所 〒 060-0032
札幌市中央区北2条東3丁
ホテルクラビー札幌(札幌ファクトリー 西館)
会費 5,000円(第1部、2部通)
会場電話 011-242-1111
※ 会場の電話番号になります、ご注意下さい。

 

 第1部
18:00 「北海道の鉄道の日」制定宣言
講演「北海道における鉄道文化遺産の重要性」
石森秀三 北大高等観光研究学センター特別招聘教授 北海道博物館館長
「三人トーク」
矢野直美 フォトライター
近藤憲治 網走市議会議員
和田 哲 月刊O.toneデスク
19:30 パーティ準備のため、休憩
(ファクトリーホール内の、広尾から送られたクリスマスツリーをお楽しみください)
 第2部
 20:00 「記念パーティ」
乾杯 来賓 スピーチ等
懐かしの 鉄道の歌 石森嘉章

 

お問い合わせ先
「北海道の鉄道の日」制定実行委員会事務局 清水 道代
電 話:0134-61-7777
メール:zeromile-hozonkai@tempo.ocn.ne.jp
トップへ戻るボタン